礼拝説教 2018年7月29日

「神のものは神に返しなさい」 マルコによる福音書 12章13〜17節

                   2018.7.29

 この世での私たちの生活は、国家に税金を払わなければならないという仕組みが出来ています。必要であるということはわかっていますが、時には重荷に感じて、必要以上に取られている、という印象を私たちは受けてしまいます。今日の朗読箇所では、主イエスのもとにやってきた人々がイエスに対して、この世の国家権力に対して税金を納めるべきか否かという問題を吹っかけてきます。今日の朗読箇所を通して、私たちは単に税金を納めるべきか否か、という問題ではなく、もっと根本的な、信仰者として心得るべきことを主イエスから示されております。

 

1.イエスに対する悪だくみ

 

 

続きを読む >>


年間標語

2018年 年間標語      「神の力ある業を広く伝える」
年間聖句             『あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です。それは、あなたがたを暗闇の中から驚くべき光の中へと招き入れてくださった方の力ある業を、あなたがたが広く伝えるためなのです。』                
ペトロの手紙一 2章9節

2018年の予定

                           

ホームページ

http://owariasahi.holy.jp 「教会案内」をご覧ください。

categories

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM